アロマクラフトレシピ
オススメ!
香りふんわり
アロマ 柔軟剤 レシピ    
 

●柔軟剤を作る

1.主な材料(約3回分)

・クエン酸 大さじ2

・植物性グリセリン 大さじ1.5

・水(精製水かミネラルウォ―ター、または水道水)100ml

・精油 1回の洗濯時に1520滴程度(SEASON AROMA LABO ランドリーアロマやサニタリーアロマがオススメです。季節や香りのお好みでお選びください)

 

2.作り方

ビーカーなどに植物性グリセリンを入れ、そこにクエン酸を入れよく混ぜます。溶けたら水を入れさらにかき混ぜ、保存容器に移します。5~7L程度の洗濯の場合、1回の柔軟剤の量は30ml程度で、精油が15~20滴です。グリセリンを増やすとしっとり洗いあがりますが、入れ過ぎると柔軟剤の投入口が固まる場合があります。お好みで加減してお作りください。

 

*我が家はこれの8倍くらいの柔軟剤液を作ります。それを1Lのプラスチック容器に入れ、洗濯の度に柔軟剤投入口に30mlの柔軟剤液とブレンドアロマ15~20敵を入れています。

*静電気を防ぎ、衣類などをしとりさせるのはクエン酸とグリセリンです。

*香り付けの精油は柑橘系など色のない、消臭、抗菌、殺菌などの効果があるものを選びましょう。

*お洗濯中の洗面所は優しいアロマの香りで満たされ、干している間もふわっと香ります、乾いた後はそれほど香りはのこりませんが、お洗濯物はしっとり優しい手触りに洗いあがり、静電気もおきにくくなります。

*洗剤は我が家は液体せっけんを使用しています。環境に配慮し、未来の子供たちのために何かできることから始めたいと思って使用し始め、柔軟剤も作るようになりました。

*柔軟剤を作るようになって改めて思うのですが、この柔軟剤液はさらさらで、少々洗濯機の柔軟剤の投入口に入れにくのですが、タオルは十分ふんわりしますし、静電気も起きにくいです。市販のものはとろりとして、入れやすく、テクスチャーは素晴らしいです。いかに、柔軟剤をとろっとさせて、扱いやすくくするような化学物質が入っているのかが分かります。さらさらで使いにくい手作り柔軟剤ですが、目的はかなえられるので、原点に戻って、無駄を省いたものでいいのではないかと思います。

 この口の細い大きい計量カップは100均で買いましたが、柔軟剤作りにはとっても便利です。この計量カップと大さじをセットして、洗面台の下の出しやすい所に置いておけば、手作りも面倒ではないですよ。

 
このくらいのプラスチックのボトルを一つ柔軟剤用にされるといいですね。通販化ホームセンターで似たようなものは買えると思います。
今まで使っていた柔軟剤の空の容器を洗って使われてもいいです。 
 ナチュラルな香りで癒される
アロマ ルームスプレー レシピ
 

●アロマルームスプレーを作る

1.主な材料(125ml)

・無水エタノール  15ml (サトウキビ由来天然発酵エタノールがオススメです)

・水(精製水かミネラルウォ―ター)110ml

・精油 25~30滴程度(SEASON AROMA LABO オリジナルブレンドアロマがオススメです。目的や場所、季節の香りなどをお好みでお選びください)

 

2.作り方

ビーカーなどに無水エタノールを入れ、そこにお好みの精油を入れガラス棒や竹串でよくかき混ぜる。水を入れ容器に移します。使用時にはよく振ってルームスプレーとしてお使いください。約1ヶ月をめどに使い切りましょう。

 

*季節によってウイルス対策や花粉用、虫よけ用、デオドラント用、お出かけ用、季節を問わず消臭用、就寝用などなど、ご自分が使いたい場所で、使いたい時に気軽に使えるのがスプレーの魅力です。

*衣類などにスプレーする場合は柑橘系など色が濃いものを白い衣類にスプレーするのは避けましょう。

*家具や革製品に直接スプレーすると色落ちの原因になるのでご使用には十分注意をしてください。

*ホームケアアロマテラピーは精油やアロマテラピーの禁忌事項などを確認され、自己責任のもとでご判断いただきご利用ください。

 


 

天然素材で作る

アロマ ボディスプレー レシピ

 

●アロマボディスプレーを作る

1.主な材料(30ml)

・無水エタノール  小さじ1/2(2.5ml) (サトウキビ由来天然発酵エタノールがオススメです)

・水(精製水かミネラルウォ―ター)27ml

・精油 5滴以内(SEASON AROMA LABO ACO認定オーガニック精油やオリジナルブレンドアロマがオススメです。目的やお好みの香りなどをお選びください)

 

2.作り方

ビーカーなどにサ無水エタノールを入れ、そこにお好みの精油やSEASONオリジナルブレンドアロマを入れガラス棒や竹串でよくかき混ぜる。水を入れ容器に移します。使用時にはよく振ってボディスプレーとしてお使いください。約2週間をめどに使い切りましょう。

 

*季節によって虫除けスプレー、ウイルス対策や花粉用(マスク用)、デオドラント用、お出かけ用(オーデコロン)、ご自分が使いたい場所で、使いたい時に気軽に使えるのがスプレーの魅力です。

*お肌にスプレーする場合は、パッチテストをされ、皮膚刺激や光毒性のある精油の使用は避けましょう。

*ご使用目にはよく振って、目には入らないようご注意ください。

*ホームケアアロマテラピーは精油やアロマテラピーの禁忌事項などを確認され、自己責任のもとでご判断いただきご利用ください。

コンパクトでも持ち運びに便利、早く使い切るのにちょうどいい30mlサイズです。

 


アロマの癒し

マッサージオイル レシピ

 

●マッサージオイルを作る

1.主な材料(25ml)[ボディ用][フェイシャル用]

ACO認定オーガニック ホホバオイル 25ml [ボディ用]

 ACO認定オーガニック マカダミアナッツオイル 25ml

                    [フェイシャル用]

・精油 5滴(SEASON AROMA LABOオリジナルACOオーガニック精油がオススメです。 トリートメントの目的や効能、お好きな香りでお選びください)

 

2.作り方 

ビーカーなどにボディ用はACO認定オーガニック ホホバオイル 25ml、フェイシャル用はACO認定オーガニック マカダミアナッツオイル 25mlを入れ、目的に合う精油5滴を入れ、ガラス棒などでよくかき混ぜ、もとのホホバオイルやマカダミアナッツオイルが入っていた瓶に戻す。レシピや作成日をラベルに書いて貼る。保管は冷暗所にし、1ヶ月をめどに使い切りましょう。

 

*フェイシャル用は特に、濃度に注意し、刺激の強い精油の使用には十分注意をしましょう。

*パッチテストをおすすめします。

*敏感肌の方、お年寄り、お子様、妊婦には精油の量はさらに少なくし、様子をみながら始めましょう。

*皮膚刺激の強い精油や、妊婦さんには向かない精油など、各精油の説明を参考にしてセレクトしてください。

*ホームケアアロマテラピーは精油やアロマテラピーの禁忌事項などを確認され、自己責任のもとでご判断いただきご利用ください。

 


 

ゆったりリラックス

アロマ バスソルト レシピ

 

●アロマバスソルトを作る

1.主な材料(1回分)

・天然塩   大さじ2~3程度(SEASON AROMA LABO デッドシーソルトやヒマラヤ ロックソルトがオススメです)

・精油 5滴程度(SEASON AROMA LABO ACO認定オーガニック精油やSEASON AROMA LABO オリジナルブレンドアロマ バスタイムがオススメです。目的やお好みの香りなどでお選びください)

 

2.作り方

ガラスボウルに1回分の天然塩を入れ、そこにお好みの精油を5滴程度入れ、かき混ぜて、お湯をはった浴槽に入れ、完全に溶けるまでよくかき混ぜてご入浴ください。

密閉容器などに多めに作っておいてもいいですが、私はその日の気分で子供たちにどの香りにするか選ばせたりするので、1回ごとにしています。

お好みでドライハーブなどを入れても素敵です。その際はお茶パックなどに1回分を入れてご利用ください。お掃除が楽になります。

 

*その日の気分や季節によってリラックス、リフレッシュ、デットクス、冷え、肩こり、ホルモンバランス、安眠など、ご自分やご家族が使いたい目的で香りはお選びください。

*皮膚刺激の強い精油、光毒性のある精油は避け、精油の濃度などにもご注意ください。

*妊婦、お年寄りや、お子様のご利用は濃度に注意され、薄めの濃度でご利用ください。

*ホームケアアロマテラピーは精油やアロマテラピーの禁忌事項などを確認され、自己責任のもとでご判断いただきご利用ください。

 


香らせたい場所に・・・香らせたい香りで・・・

アロマ リードディフューザー レシピ

 

●アロマリードディフューザーを作る

1.主な材料(アロマ液50ml分)

・精油、またはオリジナルブレンドアロマ 10ml

(SEASON AROMA LABO オリジナルブレンドアロマがオススメです)

・無水エタノール 40ml(SEASON AROMA LABO サトウキビ由来天然発酵エタノールがオススメです。)

・リードディフューザー用ウッドスティック 数本

(リードディフューザー用ウッドスティック20本入りがオススメです。)
*リードディフューザー用ガラス瓶スクエアは在庫限りです。

 

2.作り方

ビーカ―に40mlの無水エタノールを入れ、そこに精油またはSEASON AROMA LABO オリジナルブレンド精油10mlを入れてガラス棒などでかき混ぜ、アロマ液を作る。

口が細めの保存用遮光ビンに口があまり広くないガラス製の容器にに容器の底から1cm程度のアロマ液を注ぎ、ウッドスティック3~5本程度を刺して、香らせたい場所に置く。

転倒する恐れのある高い場所や、風で倒れる可能性のある不安定な場所には置かないようにする。

アロマ液は減ればまた1cmくらい注ぎ(1週間から10日ごとに)出来るだけフレッシュに香らせるようにする。

また、香りが広がりにくい場合はウッドスティックを上下逆さまにする。

それでも香りにくい場合はスティックを新しいものに取り換える。

 

*玄関、洗面所、トイレ、寝室、子供部屋など、場所にあった香りでお好みで香りをお選びください。

玄関、トイレ、洗面などは同じ香りで清潔感のある香りが向いています。季節によって、虫除け用、ウイルス対策、花粉対策など変えるのもおすすめです。

*空間や空調によって香り方や広がり方は違います。一般にブレンドしているアロマの香りは香りに奥深さと広がりがあるので、複雑に香らせることができます。リードスティックでの芳香にはSEASON AROMA LABO オリジナルブレンドはオススメです。*スティックの本数、アロマ液の濃度によって香らせ方は調節できますが、少しずつアロマ液を補充していただくやり方はオススメです。

*転倒には十分注意をされ、お子様やペットの手の届かない安定した場所に置くようにしてください。

 

 


置くだけで本格的に・・・

アロマ ブランチ アロマ液 レシピ

 

●アロマブランチ アロマ液 を作る

1.主な材料(アロマ液250ml分)

・オリジナルブレンドアロマ 50ml

(SEASON AROMA LABO オリジナルブレンドアロマがオススメです)

・無水エタノール 200ml(SEASON AROMA LABO サトウキビ由来天然発酵エタノールがオススメです。)

・アロマブランチ 数本

(アロマブランチ各色12本入りがオススメです。)
*アロマブランチ ベース(サイズLホワイト/ブラックとSホワイトがあります。)

 

2.作り方

250mlのプラスチック容器に無水エタノール200mlを入れ、そこにSEASON AROMA LABO オリジナルブレンドアロマ50mlを入れ、割りばしなどでかき混ぜる、アロマ液を作る。

アロマブランチベースの底から2~3cm程度アロマ液を注ぎ、ブランチを数本入れる。

香ってくるまでには数時間かかりますが、リードスティックのディフューザーより広い範囲で香らせることができるので、リビングや広めの玄関などにオススメです。

インテリア性も高く、香りも広がりやすいので広い空間にオススメです。

 

*玄関、リビングなど、広めの空間にあったお好みの香りをお選びください。

季節によって、虫除け用、ウイルス対策、花粉対策など変えるのもおすすめです。

人が集まる空間には柑橘系もおすすめです。

*空間や空調によって香り方や広がり方は違います。一般にブレンドしているアロマの香りは香りに奥深さと広がりがあるので、複雑に香らせることができます。

アロマブランチでの芳香にはSEASON AROMA LABO オリジナルブレンドはオススメです。

*ブランチの本数、アロマ液の濃度によって香らせ方は調節できますが、少しずつアロマ液を補充していただくやり方はオススメです。

*転倒には十分注意をされ、お子様やペットの手の届かない安定した場所に置くようにしてください。